理学療法士として活躍するにはみっちり学べる専門学校が人気

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療系の学校選び

治療

少子高齢化が進み、医療の需要が高まっています。患者が必要とするサポートには投薬治療や手術以外にリハビリなどがあります。ケガや病気で身体に障害を持った場合や運動機能に支障が出た場合にはその生涯の悪化を防ぎ、日常生活の自立ができるように支援しなければなりません。そこで活躍するのが理学療法士です。理学療法士は患者一人一人と向き合い、医学的社会的視点で運動機能の向上を図るのが仕事になります。この仕事には国家資格が必要になるので、その知識を学べる専門機関で学ぶ必要があります。医療系のコースを設けている大学でも学ぶことができますが、今人気なのが専門学校です。専門学校では現場で通用するスキルを効率よく習得できるカリキュラムが設定されているので、社会に出たときに実際に役立てることができます。大学では4年間学びますが、理学療法士の専門学校では3年間で習得できます。学費は3年間でおよそ450万円になります。強みはなんと言ってもその高い就職率にあります。担当教員が学生生活はもちろん、就職活動のアドバイスなどもしっかりサポートしてくれるので心強いと言えます。専門学校の場合、業界とのネットワークが強く就職に有利なことに加えて実際に活躍している先輩方が多いのが特徴で、その分企業からの評価が高くなっています。4年制の理学療法士の学校の場合だと学費は600万円近くになるので、進路についてまだ自信がない人や大学を候補に入れている人はしっかり選んで決めた方が良いでしょう。

確実に受かる面接

ナース

看護学校の面接は難しいと言われています。医療系の学校を目指す受験者が増えているからです。そのため試験や小論文で良い結果が出せても面接が上手くいかないと入学できません。しっかりと対策を行ない、確実なものにしましょう。

読んでみよう

様々な医療系学校

先生

医療の学校は毎年受験希望者が増え続けています。職業として安定していて、社会や患者にも貢献できる充実した仕事であるため目指す方が多いのです。そのため、しっかりと合格までの準備を行なう必要があります。

読んでみよう

高い受験倍率

ナース

看護の学校では、受験倍率が10倍を超えるところも増えています。人気がある分狭き門になっています。そのため、早めに対策を取り学費や学校の特色などを調べておきましょう。インターネットサイトで学校を比較することができます。

読んでみよう