理学療法士として活躍するにはみっちり学べる専門学校が人気

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

高い受験倍率

ナース

病院や医療施設の需要が高まり、そこで働く有資格者の求人も安定しています。看護をはじめ医療分野の仕事は利用者に寄り添う業務なので、他の仕事に比べ充実感も大きいと言えます。そこで最近特に看護の学校を志願する人が増えています。医師を支える仕事にもなるので、医療の世界で一番仕事人口が多いからとも言えます。この看護を学べる学校には大学や専門学校、専門の科を持っている高校もあります。看護師の資格は准看護師と正看護師がありあますが、より知識や経験が必要になるのが正看護師です。どちらも国家資格に変わりはないのですが、責任の重さや社会からの信頼という点で正看護師を目指す人が圧倒的に多くなっています。給与面でも正看護師の方が待遇も良いので、将来ずっとこの仕事を続けていく場合資格の違いで大きな差が出ます。現場では知識とスキルの両方が問われるので、それを活かせるカリキュラムを持った看護の学校を選ぶと良いでしょう。しっかり学びたいという人には大学が向いています。大学は専門学校と違い公立校があるので、学費も安く抑えることができます。専門学校は実地を多く行ない、即戦力を育てるため設備などは最新のものを取り入れていることがほとんどです。それぞれに良さがあるので、自分に合ったところを選びましょう。看護の学校を志願する際に気になるのが、その学校の人気度であり倍率ではないでしょうか。医療系の学校の中でも看護を学べるところは特に倍率が高く、近年では10倍が当たり前になっている地域もあります。そのため合格が難しいと判断した人が、他の地域の学校を受験するケースが増えています。なるべく早めに倍率と学費の確認をしておきましょう。